津田沼の「南木商店」の記事を公開しました。

お知らせ

雑用係Fです。

前回は、東船橋の「ラーメンかいざん」をご紹介しましたが、今回は、津田沼のとんこつラーメンのお店「南木商店(なみきしょうてん)」の記事を公開しました。

JR津田沼駅の北口を出て、そのまま北に向かうと津田沼十字路っていう交差点があります。この津田沼十字路も中野木交差点同様にラーメン屋さんの集まっているポイントになります。例えば、その交差点を直進すると、「魚骨らーめん 鈴木さん」がありますし、こってりらーめんでお馴染みの「なりたけ」の津田沼店も近いです。

そんな津田沼十字路を船橋方面に曲がると見えてくるのが、「南木商店」です。2010年8月のオープン以前には、都内などで屋台を使ってラーメンを提供していたそうです。お店にはどこか屋台のような雰囲気が漂っています。

豚頭骨を使ったスープはえぐみや臭みとは無縁で、マー油で香りとパンチを加えたとんこつらあめんは、味わうべき一杯となっています。

『南木商店』の記事は、下記のバナーをクリックして船橋・習志野ラーメン倶楽部でご覧ください。

kaizan_banner

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました