海神に移転した「とものもと」までラーメンを食べに行ってきた。

とものもとの塩らーめん ラーメン実食記録
とものもとの塩らーめん

ども、ごぶさたしております。
雑用係Fです。

先日、海神に移転した「とものもと」さんにお邪魔してきました。東中山で営業されていたときには、まいぷれ船橋で取材させていただいたのですが、その後、2020年に海神にあった「零一弐三」(すうじと読むそうです)というラーメンの跡地に移転したということまでは聞いていたのですが、なかなか伺うことができていなかったので、改めてお邪魔してみました。

東葉高速の海神駅から出てくると、左斜め前に「とものもと」はありました。

「とものもと」の外観

店内に入ったところに券売機が設置してありました。東中山当時と同じく、まずチケットを買うことになるようです。ちょっと悩んで、塩らーめんとチャーシューごはんのチケットを購入しました。

券売機でチケットを買います。

たまたま席が空いてたので、すんなり案内していただきました。ぼんやりしながら待っていたら、ほどなくして提供していただきました。

煮干しのダシと貝だしのダシの香りがいい感じのスープですね。食欲をそそられます。シンプルでありながらも、深い味わいです。チャーシューに加え、小松菜やメンマなどのトッピングが乗っていました。

とものもとの塩らーめん

トッピングして乗っているのは、肉肉しいチャーシューとあっさりしたチャーシューの2種類でした。2種類の味わいがうれしいですね。

塩ラーメンの2種類のチャーシュー

麺はぴろぴろした幅広の麺で食感が楽しいです。あまり見かけない雰囲気の麺てましたし、小麦粉の風味がしっかりしている麺なので、自家製麺なのかもしれないですね。

もちもちした幅広のちぢれ麺

そして、サイドメニューのチャーシューごはんには、チャーシューを炙っているのか、かなり香ばしいチャーシューがたっぷり乗っていました。お店によってはオマケ程度のチャーシューが乗ってないこともありますが、とものもとのチャーシューごはんにはたっぷりのチャーシューが乗せられていてなんだか嬉しかったです。

チャーシューご飯

ラーメンのラインナップには、塩らーめんの他に醤油らーめんとつけ麺が用意されているようなので、まだ食べられてないメニューを味わいに再訪したいなぁと思いながら帰途につきました。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました