【出張編】市川駅前の「麺処 しろ」で、まぜそばを食べてきた

ラーメン実食記録

ども。
雑用係Fです。

先日、市川駅前にある「麺処 しろ」にて、混ぜそばをいただいてきました。

入口近くに小さな券売機が置いてあって、まずはチケットを購入する仕組みでした。券売機をざっと眺めた感じだと、メニューは大きく濃厚らーめん、濃厚つけ麺、濃厚まぜそばの3種類。それに、チャーシュー2枚、味玉、海苔1枚を追加したら、「特製」になるようです。

今回は特製まぜそばのチケットを購入してみました。

カウンター席に座って待っていると厨房から煮干しの香りが漂ってきます。そして、店内にはジャズが流れていて心地よい空間です。

テーブルの上には一味や胡椒に加えて、お冷やのボトル…と思ったら、つけ麺の割りスープが用意されていました。

しばらく経って、特製まぜそばを提供していただきました。麺量ゆで前で210gだそうで、まぁまぁボリュームがありそうです。

混ぜそばの上には低温調理のチャーシュー、めんま、煮干し粉、海苔、玉ねぎ、チーズ、ねぎが乗せられていました。まぜそばのタレに濃厚な煮干しダシが使われているようです。

細い麺に煮干しダシの効いたタレ絡んでいい感じです。美味しいのは確かなんですが、なかなかどうして濃厚なので、度々すすっていると味変して一息つきたくなりますね。

例えば、お酢でもあれば、さくっと味変できそうかも…と安直に思わないでもないですが、お酢はお酢でさっぱりするものの、繊細な風味を吹き飛ばすところもあるし、スダチなんかの柑橘類もいいかもなぁ…とか思いつつ、刻みタマネギが実にいい仕事をしていることに気づきます。

最後に一味を振りかけて辛みを追加してみましたが、一味もいい感じですね。

気軽に濃厚な煮干しダシを使ったラーメンを食べられるいいお店ですね。また、つけ麺などを味わうために再訪してみたいと思います。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました