津田沼の九十九ラーメンの「パクチーラーメン」を食べてきました

ラーメン実食記録
津田沼の九十九ラーメンの「パクチーラーメン」のパクチー増し

ども。雑用係Fです。

先日、船橋・習志野ラーメン倶楽部で、津田沼の九十九ラーメンのパクチーラーメンをご紹介しました。

今回は、記事でご紹介しました、九十九ラーメンのパクチーラーメンを食べに出かけてきましたので、ご紹介したいと思います。

九十九ラーメンの津田沼店は、JR津田沼駅の北口を出て、そのまま、まっすぐ津田沼十字路方面に歩いたら右側に見えてきます。店頭はこんな様子ですね。さりげなく椅子が置いてあって行列が発生していることを物語っています。

津田沼の九十九ラーメンの外観

入口には券売機が置いてあって、ラーメンのチケットを購入することになります。ここでパクチーラーメンのチケットと、パクチー増量のチケットを購入したところで、空いていた席に案内してもらいました。

訪れた時は、ちょうどランチ時だったので、店員さんにサービスのトッピングを選ぶように言ってもらったので、選んだのがこの二つ。ネギともやし。なんだかヘルシーです(笑)

津田沼の九十九ラーメンの「パクチーラーメン」サービスのもやしとネギ

この二つの皿が出てきて、ほどなくして到着したのが、このパクチーラーメン。ラーメンのビジュアルとしてはかなり強烈です。見るからに緑。しっかりとしたパクチーが丼を覆ってました。

津田沼の九十九ラーメンの「パクチーラーメン」のパクチー増し

そしてパクチーの下に隠れていた麺を引っ張り出すと、こんな感じで麺が出てきました。

津田沼の九十九ラーメンの「パクチーラーメン」の麺

まろやかなとんこつスープに、タイ料理のスープっぽい酸味が効いていて、食欲を刺激されます。タイ料理のスープでも、とんこつスープでも味わえない不思議なスープでした。スープにはセロリとトマトを細かく刻んだものも入っており、エスニック感を演出していました。また、卓上には「秘伝辛みだれ」が置いてあるので、辛さが足りないと思った場合には辛みを追加することも可能です。

人気のラーメン屋さんと、パクチーの出会いは一見すると意外な、でも食べてみると納得のコラボレーションとなったようです。いつものラーメンとはちょっと違うものを食べたいときや、タイ風のテイストが恋しくなった時など、パクチーラーメンが活躍するシーンは少なくなさそうです。また、お邪魔したいと思います。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました