【出張編】行徳駅からちょっと歩いたところにある「らー麺屋 バリバリジョニー」に行ってきた

名古屋コーチンと日内地鶏の中華蕎麦の塩 ラーメン実食記録
名古屋コーチンと日内地鶏の中華蕎麦の塩

ども、ごぶさたしております。
雑用係Fです。

今日は、行徳にある「らー麺屋 バリバリジョニー」さんにお邪魔してきました。

言い訳からで恐縮ですが、お店の名前自体はかなり前から伺っていたのです。今では行徳駅からちょっと歩いたところにあるお店ですが、以前は江戸川区の小岩駅からちょっと歩いたところで営業されていて、行徳に移転されたんでした。そんな時代から行ってみたいなぁと思っていた(どれだけ出不精なんだ…)訳ですが、やっとお邪魔できました。

行徳駅の南口を出て、ふらふらと歩き、行徳駅前公園を抜けて南行徳方面に歩いていると、こんな店構えを見つけることができます。

行徳駅からちょっと歩いたところにある「らー麺屋 バリバリジョニー」

お邪魔した日は土曜日だったせいか、レギュラーメニューはなく、「名古屋コーチンと比内地鶏の中華蕎麦」「濃厚煮干しつけ麺」が用意されていました。中華蕎麦については、塩もしくは醤油を選ぶことができたので、塩を選んでチケットを購入しました。

チケットをカウンターに置いて待つことしばし(今回はさくっと提供していただきましたが、店主おひとりの営業、いわゆる、ワンオペ状態なので混雑していると時間がかかることがあるような気もします)提供されたのは、こんな美しいビジュアルのラーメンでした。

名古屋コーチンと日内地鶏の中華蕎麦の塩

トッピングはシンプルに厚めのチャーシューに、海苔にネギ。にシンプルな印象です。

名古屋コーチンと、比内地鶏を使ってとったんだろうなぁ…というスープは澄んだ清湯系のスープで、塩を選んだことで、スープの色も付くこともなく、ぱっと見で金色のスープでした。一口すすってみると、外見の印象通り、すっきりとしていてコクもあり、ずっと飲んでいたい…と思えるスープで、他のお店の塩ラーメンのスープというと、どこかでとがった感じがすることも多いのですが、このスープではそんなこともなく、実にまろやかな正統派の塩スープでした。

麺はストレートな細麺。麺とスープの相性がいい感じ。するするとすすることができて、すする度にスープの味わいを感じることができました。

醤油ダレで味付けされたと思しきチャーシューは見た目よりも厚切りで食べ応えのあるタイプでしたし、塩スープのラーメンにおいては、醤油味のチャーシューということで、気分を変えることできるアイテムとして機能していました。

いやはや、もっと早くお邪魔しておくべきだったなぁ…としみじみ思わされる一杯でした。また伺いたいなぁ、と。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました