嘉祥@西船橋で「小松菜ラーメン」を食べた。

ラーメン実食記録
小松菜ラーメンスペシャル

ども、ご無沙汰してます。
雑用係Fです。

このブログでも「もも肉チャーシューに郷愁を感じて函館」や「ラーメン 嘉祥@西船橋で野菜たっぷり味噌ラーメンを食べた!」といった記事でご紹介しました、西船橋の「嘉祥」に再びお邪魔してきました。

JR西船橋駅の北口を出て、総武線の線路沿いを船橋方面にふらふらと歩いて、ファミリーマートの角を左折するとお店があります。店頭にはこんな看板。どうやら、ラーメンwalker 千葉で嘉祥が紹介されているようですね。

前回と同じように券売機を眺めながら何を食べようかなと迷っていると、「小松菜ラーメン」というメニューを発見。券売機に貼ってある写真をみた感じだと、ラーメンに小松菜が乗っているだけでなくて、麺も緑色らしい。ちょっと迷った末にトッピングが充実している感じの「小松菜ラーメン スペシャル」を選択してみました。

ほどなくして、到着。小松菜ラーメンでありながらも、大きなチャーシューが印象的です。

まずは、麺から。どうやら、小松菜を練りこんでいる麺は、まるでバジルか何かのようなかなり緑色ですね。そして、麺は細めです。トッピングとして、小松菜も載っています。

スープは、醤油にしては色が薄いので(おそらくは)塩味のスープ。多少、脂も浮いてます。

そもそも、なんで西船橋の嘉祥で小松菜ラーメンをメニューにラインナップしているのかというと、西船橋の農家さんが小松菜を栽培していて、船橋ブランドの小松菜として売り出し中で、それを使ったラーメンとのこと。

そして、2017年5月25日(木)と5月26日(金)の二日間、船橋駅と西船橋駅界隈の58軒の飲食店で地元の小松菜を使った料理や飲み物を楽しめるイベント「こまつなう」が開催されるようです。嘉祥も「こまつなう」に参加するようで、ポスターが貼ってありました。

店頭には「こまつなう」ののぼりも。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました