船橋ラーメン横丁の「船橋家」で家系ラーメンを食べてきました!

ラーメン実食記録
船橋ラーメン横丁の船橋家

雑用係Fです。

先日、船橋駅の船橋シャポー内に新しくオープンした「船橋家」を紹介する記事をご紹介しましたが、今回は、その船橋家にラーメンを食べに行ってきましたので、改めてレポートをお届けします。

船橋ラーメン横丁の船橋家

先の記事にも書いてますが、以前は「六角家」が出店していた店舗に「船橋家」が新たに出店しました。家系ラーメンのお店から家系のラーメンにバトンタッチというのも珍しいような気がしますね。

船橋家の「もやキャベ」

家系ラーメンというと、「キャベチャー」とか「もやキャベ」といった、野菜系トッピングが用意されていることがありますが、船橋家では「もやキャベ」が用意されていました。これが思ったよりもたっぷりとした盛りでした。トッピングではあるんですが、1度にラーメンにいれると丼の中のものの体積がぐっと増えたような気がしました。ダイエット中だけどたっぷり食べたい向きには、ラーメンの大盛りを諦めて「もやキャベ」をオーダーするというのもいい選択しかも知れません。

船橋家の「ラーメン並」

ほどなくして届いたのが、ラーメン並。うずらの卵の煮卵やぶ厚いチャーシューが食欲をそそりますね。あとは、家系ラーメンの定番トッピングのほうれん草もトッピングされていました。意外とファンが多いと確信しているのが、家系ラーメンの海苔ですね。スープに浸したのりがご飯とすごく合うような気がします。旨いです。ごはんのチケットを買い忘れてしまっても、店員さんに御願いすれば追加注文できそうです。のり増しや半熟味玉などのトッピングも同様に追加できるようです。

また、家系ラーメンというと麺の固さ、油の量、タレの量を調整できるお店が多いですが、船橋家でも受け付けてくれるようです。食券を店員さんに渡すときに好みを伝えるというシステムのようです。

船橋家のとんこつラーメンへのこだわりや、サイドメニューのご飯ものについて取材した記事は、船橋・習志野ラーメン倶楽部の「【新店】これはお得!『横浜家系ラーメン船橋家』MAXラーメン」をご覧ください。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました