船橋大神宮前の「コタン」で肉ラーメンを食べた。

ラーメン実食記録
肉ラーメン。…たっぷりの肉。

どもども。
雑用係Fです。

今回は大神宮下にある「コタン」っていうラーメン屋さんに行ってきました。大神宮下といっても、京成線の大神宮下駅の近く…ではなく、船橋大神宮の境内を船橋本町方面に出たところ、つまりは本町の端っこにお店はありました。

船橋大神宮に初詣した帰りに、ちらっとお店の存在には気づいていたような気がするのですが、チャンスに恵まれず、初めての訪問になります。

色褪せた暖簾は「コタン」が老舗であることを物語っていますし、乗降客の多いJR船橋駅からまぁまぁな距離が離れているにも関わらずお店が長く営業しているってことは地元の常連さんがいるってことでしょう。また、さりげなく「西山ラーメン」と書いてあることから、北海道、それも札幌あたりのラーメンであることが伺えます。

メニューに記載されている情報量は少なくはないですが、実態はラーメンのスープが味噌なのか、醤油なのかをチョイスしてしまえば、後はトッピングをどうするかを決めしまえばいいようですね。

札幌ラーメンというと、味噌スープというイメージはありますが、今回は敢えて醤油スープのものをチョイスしてみました。それも、肉がたっぷり乗った肉ラーメンです。

いかにも札幌ラーメン感のある黄色い、ちじれ麺がいい感じです。また、味噌ほどはインパクトがないのかもしれませんが、醤油スープだって滋味あふれる味付けになっているだけでなく、たっぷりの肉が加わることで旨味を増やしているような印象です。

船橋本町方面の端っこ、なかなか人通りも十分じゃないところに実力派の老舗があったとは…なかなかナメてましたが、美味しい一杯をいただきました。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

雑用係F

西船橋の雑居ビルにある会社に勤務しながら、夜な夜なラーメンを食べ歩く。仕事で疲れて帰宅途中に、あっさり系のラーメンを食べに行ったはずが、気がついたらラーメン二郎という食べ物を食べていたという不思議な体験をしたことがある。
タイトルとURLをコピーしました