券売機に見る店主の趣向を垣間見るのだ。

取材こぼれ話

我々、船橋・習志野ラーメン倶楽部が初めて取材させていただいたお店は船橋駅近くの【拉麺いさりび】さんでした。9月の雨が地面を濡らしていましたがなんとか雨雲の隙間を縫ってお店に到着。あ、わたくし動画担当の記者Yでございます。(・∀・)

店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画や写真撮影のお約束でお店の券売機を撮影するのですが、そのラインナップを見ていくと中々に楽しいことがわかってくるんです

券売機

 

 

 

 

 

 

 

券売機の後半に配置されているアルコールのラインナップ、特にビールの銘柄なんですが店主の【ビール好き】がよく伝わってくるのですね。アメリカのビール【ボストンラガー】はコクがしっかりありますが後味がサッと引いていくタイプ。

ボストンラガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツミュンヘンのレーベンブロイは伝統的製法で作られた濃い苦味とコクのビールです。ラーメン屋さんではあまり見ない銘柄なので、「中々のこだわりを持つタイプかもしれん…」と目の端っこで店主を見ながら撮影。

レーベンブロイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてインタビューが始まっていったのですがそこで意外な言葉が。

「僕はあんまり食べ歩きとかは、しないほうなんですよねえ〜」

ええ〜〜?Σ(ノ; ̄□ ̄)ノ  驚愕する記者Yと記者T(カメラ&記事担当)

なんかこう勝手にガツガツ食い歩きなんかして、目くじら立てて研究してるのかと思っていましたが、ふわりとした爽やかな笑顔で否定されてしまいました。草食系なんて言葉は使いたくありませんが、またそれとは違う【静】の努力と信念を感じてしまう店主さんでありました。
うん…、思い込みで取材するのはいかんな…。

というわけでこの本格ビールにピタリと合うお店一押しの餃子やフレンチの技法を使った絶品チャーシューなどを取材した記事は船橋・習志野ラーメン倶楽部の【超淡麗! 『拉麺いさりび』の極上バランス醤油ラーメン】をご覧になっていさりびさんに走ってください!では!!

The following two tabs change content below.
Avatar photo

記者Y

編集/制作とイラスト描きを生業とするラーメン偏愛親父。最近は歳のせいか淡麗系の醤油味スープを飲んでは【ゔぁ〜〜〜…】とうめき声を上げている。ラーメン記事では動画撮影と編集を担当。
タイトルとURLをコピーしました